不妊症

11年間不妊で苦しんだ管理人の輝が実際に妊娠したマニュアルを紹介

輝

ご訪問ありがとうございます!管理人の輝です。

世の中にはたくさんの妊娠マニュアルが販売されています。私も3つの妊娠マニュアルをネットで購入しました。

無意味なマニュアルに騙されてはいけません。

11年間不妊で苦しんだ私、その私を妊娠に導いてくれたマニュアルをご紹介したいと思います。


お時間がある方はこちらをクリックしてお読みになってみてください。

不妊症かどうかのチェック項目について

最近、子供が欲しくてもなかなか出来ないと言った「不妊症」と言う言葉をよく耳にしませんか?不妊症とは、「避妊しないで2年以上妊娠しない状態」の事を指すのですが、もし、自分が不妊症どうか悩んだ時には、病院で検査してもらうのが一番です。

 

けれど、なかなか時間が取れなかったり、勇気が出なかったりして、病院に行けない方もいらっしゃる事でしょう。それでは、自分で不妊症かどうかのチェックが出来る項目には、一体どのようなものがあるのでしょう。

 

まず、月経時です。月経不順や生理痛が重くなったり、元から重かったりする事はありませんか?また、月経では無いのに出血がある、月経の周期が極端に乱れるなど、月経に関する問題がある場合は注意が必要です。

 

次に、体重が極端に重かったり、極端に軽かったりする方の場合も、生殖機能に問題がある可能性があります。おりものの量や色、臭いも、不妊症かどうかの判断材料になります。おりものの量が常に多い、おりものが臭う、おりものに色がついているなど、おりものに異常がある場合も注意してください。

 

その他には、以前に子宮や卵巣周辺の病気を患った事があったり、腹膜炎や性感染症に掛かってしまった事があったり、流産を3回以上経験したなどのチェック項目があります。

 

以上のような項目に心当たりがあったり、不安に感じるような事があったりしたら、早めに産婦人科に相談に行く事をお勧めします。検査や治療を始める時期が早く、年齢が若ければ若いほど、妊娠する可能性が高くなるからです。

不妊症のセルフチェック

基本原則として、不妊症は二年間の不妊期間があった場合に承認されます。 逆にいえば、二年に達する前は、不妊症とは認定されないという事です。 しかし、実際には一年間不妊状態が続いた場合は、不妊症を疑わなくてはなりません。 何より、子作りをはじめて一年経っても子宝に恵まれないという状況は、女性にとっても、パートナーである男性にとっても、かなり辛いものです。 そんな中で、あと一年頑張ろう…というのは酷というものでしょう。 その時点でたとえ不妊症という診断結果は出されなくても、不妊治療のために病院へ行くべきです。 妊娠する確率は、当然の事ながら個人差があります。 性行為の頻度でも大きく変わってくるため、一年経っても妊娠しないから不妊症の確率が濃厚、というわけでもないのです。 そこで、病院に行く前にセルフチェックを行っておくといいでしょう。 セルフチェックをする事で、自分達が不妊症である確率をある程度計ることができます。 女性のセルフチェックは、「ホルモンバランスチェック」「おりものチェック」「子宮、卵巣チェック」といった事を主に行います。 「ホルモンバランスチェック」は、月経不順がないか、生理痛が重くないかといったチェックやBMIの確認などを行います。 「おりものチェック」は、おりものの量や臭い、色に異常がないかの確認です。 そして「子宮、卵巣チェック」では、月経血の出血量などをチェックします。 一方、男性は「睾丸チェック」「射精チェック」「EDチェック」等を行います。 これらに関して通常とは異なる状況である場合は、不妊治療も視野に入れる必要があるでしょう。