一般不妊治療と高度生殖医療の違い

11年間不妊で苦しんだ管理人の輝が実際に妊娠したマニュアルを紹介

輝

ご訪問ありがとうございます!管理人の輝です。

世の中にはたくさんの妊娠マニュアルが販売されています。私も3つの妊娠マニュアルをネットで購入しました。

無意味なマニュアルに騙されてはいけません。

11年間不妊で苦しんだ私、その私を妊娠に導いてくれたマニュアルをご紹介したいと思います。


お時間がある方はこちらをクリックしてお読みになってみてください。

一般不妊治療と高度生殖医療の違いを教えてください

子供が欲しくても出来ない夫婦の場合、最後の頼みの綱が不妊治療だと思います。けれど、不妊治療とひとくちに言っても、その方法は様々です。排卵誘発剤やタイミング療法、人工授精に体外受精等と言った言葉を耳にした方も多いはずです。それでは、現在の不妊治療とは一体どのような治療を行っているのでしょうか?

 

まず、不妊治療は大きく分けて、一般不妊治療と高度生殖医療とに分けられています。一般不妊治療は、最初に不妊の原因を調べる不妊症検査から始まります。この時点で不妊の原因が判明すると、次の治療に進めるのです。

 

例を挙げてみると、排卵障害が原因であれば排卵誘発剤を利用し、子宮筋腫が原因であれば筋腫核手術を行う、と言った具合です。また、不妊症検査の精液検査で異常が発見された場合や性交障害等の場合には、精子を人工的に子宮の中に注入する人工授精も行われます。

 

もちろん、不妊症検査で異常が見つからなければ、自然に妊娠出来るように排卵の時期に合わせてのタイミング療法を行うように指導されます。けれど、この一般不妊治療を行っても半年〜1年以内に妊娠が出来ない場合や、不妊の原因によっては、すぐにでも次の段階の高度生殖医療が行われる場合があります。

 

この高度生殖医療は、最終的な妊娠の手段として、体外受精や顕微受精等を行います。顕微授精等を利用して、卵子を取り出し、精子と受精させて数日間培養させ、細胞分裂が始まれば女性の子宮内に戻す治療法です。人工受精と比べても受精率は高いと言えるでしょう。

一般不妊治療と高度生殖医療

実際に病院で検査してもらった結果、どこかに問題があると診断されたら、不妊治療を開始する事となります。 不妊治療というと、不妊症の治療という印象が強いですが、実際には不妊症と診断するには満たない状態であっても治療は可能です。 むしろ、不妊症の原因が病気等であるならば一刻も早い治療を行うべきなので、検査を行うタイミングも、なるべく早いほうがいいでしょう。 不妊治療では、まず「一般不妊治療」を行います。 これは、重大な問題がないケースで適用される治療方法です。 主な例には、「人工授精」や「タイミング法」等が挙げられます。 一般不妊治療で思うように効果を得られなかった場合は、「高度生殖医療」という方法を試す事になります。 これは、治療というより、自然な形での受精が困難な状況なために特殊なアプローチで妊娠させるという、ある意味力業ともいえる方法で、主な例には「体外受精」や「顕微鏡授精」が挙げられます。 原則として、不妊症の人にはまず、不妊症であるかどうか、不妊症ならばその原因が何であるのかという事が告げられます。 その後、治療方法に関しての説明が行われますが、具体的な理由がはっきりしている場合は、その原因を取り除くという、わかりやすい治療となります。 ですが、そうではないケースも少なくありません。 その場合は、まず生活習慣を改善していく、というアプローチになります。 これもある種、「一般不妊治療」のひとつと考えて良いでしょう。 薬や手術といった治療だけが治療ではない、という事です。