不妊治療をしていた芸能人

11年間不妊で苦しんだ管理人の輝が実際に妊娠したマニュアルを紹介

輝

ご訪問ありがとうございます!管理人の輝です。

世の中にはたくさんの妊娠マニュアルが販売されています。私も3つの妊娠マニュアルをネットで購入しました。

無意味なマニュアルに騙されてはいけません。

11年間不妊で苦しんだ私、その私を妊娠に導いてくれたマニュアルをご紹介したいと思います。


お時間がある方はこちらをクリックしてお読みになってみてください。

不妊治療をしていた芸能人を教えてください

不妊の悩みと言うのは、一般人でも芸能人でも同じですよね。芸能人の方や芸能人の奥さんで不妊治療をしている方も、ものすごくたくさんいます。それでは、具体的に、どのような芸能人の方が不妊治療をしていたのでしょうか?

 

不妊治療を受ける事を堂々とカミングアウトされた方に、東尾理子さんや山本モナさんがいらっしゃいます。年齢的な事も考えて不妊治療に踏み切られたようですが、週刊誌等でも好意的に記事が書かれていたので、ご存知の方も多いでしょう。

 

また、プロテニスプレイヤーのクルム伊達公子さんと元バトミントン選手の陣内貴美子さんは、同時期に不妊治療を行っていた事から、お互いに励ましあって治療を続けていたそうです。シンガーソングライターの大黒摩季さんも、これまで体外受精などの不妊治療を行い、流産を繰り返してきたのだとか?

 

子宮疾患も患っており、妊娠して出産する事で症状が改善されるケースが多いということもあって、集中的に不妊治療を続けていらっしゃるようです。他にも、西村知美さんやジャガー横田さん、千堂あきほさん、香坂みゆきさん、爆笑問題の太田光さんの奥様の太田光代さんも不妊治療を行った経験があるみたいです。

 

芸能人が不妊治療をカミングアウトしてくれると、不妊治療に対する世間の理解度も深まりますよね。それに、不妊治療の具体的な内容や心境などをブログ等で公開してくれる事で、不妊治療で悩んだり苦しんだりしている多くの方達に、勇気を与えてくれているような気がします。

性生活の見直し

近年の社会人の生活は、かなり不規則になってきています。 毎日会社に通っている人の中にも、夜型と呼ばれる人がいるくらいです。 こうした事は、ある意味仕方のない事でもあります。 まだ電気が普及していなかった頃は、夜になるとほとんど何も見ないくらい暗い中で過ごさなくてはなりませんでした。 そのため、誰もが嫌でも規則正しい生活をしなくてはならなかったのです。 ですが、現代においては、真夜中でも昼間と変わらない生活が可能です。 その状況では、嫌でも夜型と呼ばれる、生活習慣が乱れた人が出てくるというもの。 そうなってくると、自ずと性生活も不規則になってきます。 こうした生活習慣が、不妊症につながっているのです。 とはいえ、規則正しい性生活というのも、あまりピンとこない人が多いかもしれません。 何時になった、じゃあ子作りをしようというのは、さすがにおかしな話です。 規則正しい性生活というのは、簡単にいえば不規則でない性生活という事です。 あまり杓子定規に考える必要はありません。 不規則な性生活は、同時に風俗店などの性の遊び場の利用にもつながります。 その結果、性感染症のリスクも高くなり、現代では昔よりはるかに多くの感染者がいると言われています。 感染症は、当然不妊症の一因となります。 不妊治療の効果を高めるには、こういった性生活の乱れや不規則を改善する事も必要となってきます。 不妊治療というだけでなく、妊娠の確率を低下させないという観点でも、必須項目といえるでしょう。