不妊症の検査

11年間不妊で苦しんだ管理人の輝が実際に妊娠したマニュアルを紹介

輝

ご訪問ありがとうございます!管理人の輝です。

世の中にはたくさんの妊娠マニュアルが販売されています。私も3つの妊娠マニュアルをネットで購入しました。

無意味なマニュアルに騙されてはいけません。

11年間不妊で苦しんだ私、その私を妊娠に導いてくれたマニュアルをご紹介したいと思います。


お時間がある方はこちらをクリックしてお読みになってみてください。

不妊症の検査について教えてください

不妊症を調べるためには、たくさんの検査があります。それでは、どのような検査があるのでしょうか?

 

基礎体温検査・・・基礎体温計で、基礎体温を付けていき、排卵がきちんと行われているか調べます。これにより、排卵日を推測したり、黄体ホルモンの働きもおおよそですが分かります。

 

ホルモン検査・・・排卵を起こすために必要なホルモンの量を調べます。具体的には、LHやFSH、プロゲステロンなどの量を検査します。

 

超音波検査・・・超音波を使って、子宮や卵巣を検査します。

 

子宮頚管粘液検査・・・子宮頚管粘液が、充分に分泌されているか調べる検査です。この粘液が充分に分泌できていないと、精子が子宮に入りにくくなります。

 

フーナーテスト・・・性行為の後に、精子が充分に子宮の中に入っているかを診る検査で、精子の有無や運動性を調べます。

 

精液検査・・・精液の中の精子の数や運動率、奇形率などを調べる検査です。男性側の不妊の原因を調べる検査になります。

 

抗精子抗体検査・・・フーナーテストの結果によって、女性に精子に対する抗体が出来ていないかどうかを調べる検査です。
・子宮卵管造影検査・・・子宮の形や卵管に詰まりなどの異常がないか調べる検査です。レントゲンを使って行います。

 

細菌検査・・・分泌物を採って、細菌の有無を検査します。

 

クラミジア抗原抗体検査・・・クラミジア感染症にかかっていないかを検査します。

 

これらは一般的な検査で、もっと詳しく検査が必要な場合は、他にも検査が行われます。

不妊の検査

一般的に、ちゃんと排卵日等を考慮し、定期的に性行為を行っていれば、一年以内に妊娠する可能性は80%あります。 そして、二年が経過した時点で妊娠する確率は90%。 つまり、一年目の時点で妊娠しなかった人が、二年目で妊娠する確率はあまり高いとはいえない、という事です。 それが何を意味するのかというと、一年が経過した時点で子作りが上手くいっていない場合、かなりの確率で不妊症という事になります。 「一年経過した時点で子供ができないカップルのうち、50%のカップルが次の一年でも子作りが上手くいかない」という統計結果があるのです。 こういった事実がある以上、一年経っても妊娠できなかった場合は、不妊症を疑うべきでしょう。 不妊症かもしれない…と思ったら、病院で検査を受ける事をおすすめします。 不妊の検査というと、恥ずかしい等の理由であまり行きたがらない人が男女ともに多いようですが、その後の不妊治療の効果を考えた場合、早いにこしたことはありません。 不妊治療の効果を高めるためにも、できるだけ早期のうちに検査をする方が望ましいでしょう。 検査を受けに行く場合は、女性だけではなくカップルで行く事が鉄則となります。 理由は言わずもがな、不妊症は男女両方に原因の可能性があるため、女性だけが検査を受けてもしっかりと原因を探る事ができないからです。 検査に行く病院は、不妊治療を積極的に行っているところを選ぶ事が最善となります。 最寄りに不妊治療を専門に行っている医療機関があれば、そこを受診してみると良いでしょう。

不妊症の検査について教えてください記事一覧

不妊症の治療とホルモン値

不妊症で困っている場合毎日基礎体温を記録し、専門病院に足を運び治療に励むと効果があるでしょう。初めての診察時に毎日つけていた基礎体温を手渡せば、決まった頻度で排卵が起きているか一目で分かるので、円滑に治療を始めることができます。不妊症の検査をする場合、その内容は様々で、その人の状態によって違うので、...

≫続きを読む