不妊症

11年間不妊で苦しんだ管理人の輝が実際に妊娠したマニュアルを紹介

輝

ご訪問ありがとうございます!管理人の輝です。

世の中にはたくさんの妊娠マニュアルが販売されています。私も3つの妊娠マニュアルをネットで購入しました。

無意味なマニュアルに騙されてはいけません。

11年間不妊で苦しんだ私、その私を妊娠に導いてくれたマニュアルをご紹介したいと思います。


お時間がある方はこちらをクリックしてお読みになってみてください。

不妊症についてどこに相談すればいいの?

子供を作ろうと避妊しないで2年以上妊娠しなかったり、排卵のタイミングで子作りしてみても1年以上妊娠しなかったりする場合には、もしかしたら不妊症を疑ってみる必要があるかもしれませんね。出来れば、早急に不妊専門の病院を受診して、相談してみるのが一番です。

 

近くに不妊専門病院が無い場合には、産婦人科や総合病院の婦人科を受診して、相談してみても良いでしょう。不妊専門病院や産婦人科によっては、無料でメールや電話で不妊の相談に対応してくれる所もありますので、興味がある方はチェックしてみてください。

 

また、厚生労働省では全国に不妊専門相談センターを設置しています。不妊に悩む夫婦の不妊に関する医学的、専門的な相談や、不妊による心の悩み等について、医師や助産師等の専門家が対応してくれます。

 

地域によって対応内容は様々ですが、まずは電話で、居住地域の不妊専門相談センターに相談してみると良いでしょう。診療機関ごとの不妊治療の実施状況等に関する情報提供も行っているので、参考になると思います。

 

また、まだ不妊症かどうかわからないのに、専門医に相談するのはちょっと勇気が出ないという方も少なくないでしょう。そんな方は、まずはインターネットの不妊治療サイト等を利用する事をお勧めします。

 

掲示板などで悩みを相談したり、不妊治療の内容を知る事が出来るので、とても便利ですよ。それに、不妊治療を進める事になった時の情報交換や相談にも利用できます。

卵管疎通検査・卵管通気検査

卵巣、卵管といった器官は、不妊の原因となる事が最も多い部位と考えられています。 特に卵管は受精が行われるところであり、また精子、卵子の通り路でもあります。 さらには受精卵もここを通過します。 つまり、妊娠とダイレクトに関わる器官という事になるので、原因となりやすいのは当然の事です。 また、卵管は非常にデリケートな器官としても知られています。 非常に脆く、異常が起こりやすい器官であることから、不妊治療を行う際の検査では、必ず卵管の検査が行われます。 主に卵管の通りを確認する検査で、総じて「卵管疎通検査」と呼ばれるものですが、検査内容はひとつではなく、何種類もあります。 その中でも特に有名なのが、「子宮卵管造影法」「卵管通気検査」といった検査です。 「子宮卵管造影法」は、その名の通り造影剤を使ったレントゲン撮影による検査です。 レントゲンを使う事で、卵管の閉塞や癒着、水腫などがないかを調べます。 不妊治療を行う際には、このレントゲン検査によって、ある程度の原因を把握するところからはじめるケースが多いようです。 一方、「卵管通気検査」は、炭酸ガスを使用した検査です。 子宮口から炭酸ガスを噴射し、それを子宮、卵管へと送り込む事で、その圧力がどう変化していくかを見ていく検査となります。 もし異常があれば、正常な場合の圧力変化とは異なる推移をするので、すぐに問題ないかどうかがわかります。 場合によっては、炭酸ガスではなく色素食塩水や蒸留水を使った「通色素検査」「卵管通水検査」が採択されるケースもあります。

不妊症についてどこに相談すればいいの?記事一覧

不妊症は婦人科でも相談できる?

結婚した夫婦が、繰り返し性行為をしているが2年間経っても妊娠しない状況を、不妊症であるとしています。その他に、社会で活躍する女性の増加により結婚する年齢が上がっていることや日々ストレスと闘いながら暮らすことも不妊症患者拡大化の理由と考えられるでしょう。それに加えて、不妊症のために何かしらの治療を行っ...

≫続きを読む

排卵障害が不妊の原因?

女性の不妊症というのは、様々な症状に応じて治療が進められます。特に、排卵障害による不妊症で困っている女性は数多くいると見られています。排卵の障害によって起こる不妊症には、高プロラクチン血症、卵巣機能不全のほか、多嚢胞性卵巣症候群といった病状が想定できるでしょう。卵巣機能不全は、年齢が若いのに月経が止...

≫続きを読む