不妊症は婦人科でも相談できる?

11年間不妊で苦しんだ管理人の輝が実際に妊娠したマニュアルを紹介

輝

ご訪問ありがとうございます!管理人の輝です。

世の中にはたくさんの妊娠マニュアルが販売されています。私も3つの妊娠マニュアルをネットで購入しました。

無意味なマニュアルに騙されてはいけません。

11年間不妊で苦しんだ私、その私を妊娠に導いてくれたマニュアルをご紹介したいと思います。


お時間がある方はこちらをクリックしてお読みになってみてください。

不妊症は婦人科でも相談できる?

結婚した夫婦が、繰り返し性行為をしているが2年間経っても妊娠しない状況を、不妊症であるとしています。

 

その他に、社会で活躍する女性の増加により結婚する年齢が上がっていることや日々ストレスと闘いながら暮らすことも不妊症患者拡大化の理由と考えられるでしょう。

 

それに加えて、不妊症のために何かしらの治療を行っている人は、結婚している日本人女性の十人に一人の割合だそうです。

 

不妊症についての相談あるいは治療は、通常は婦人科もしくは不妊治療専門外来で取り組んでいます。

 

高度医療にあたる不妊症の治療を希望するなら、どこの病院でも受けることができるものではありませんので、前もって調べておくことをおすすめします。

 

不妊症の症状が引き起こされる理由は、男性にあるものと女性にあるもの、そうでなければ、男性側と女性側ともに見られることもあります。

 

不妊症を治す前に、女性に対しては、通水検査やホルモン数値の検査、子宮並びに卵管造影があります。

 

他方、男性の検査としては精液を調べるのが一般的です。

 

女性側の不妊症の理由としては、ホルモンバランスが悪いために卵管や着床に関する問題や卵子の問題、卵巣もしくは子宮の能力が低下していることなどの可能性があります。

 

男性の場合は、精子に関する問題や性交の際の問題が当てはまります。

 

そのうえ、不妊症をどのようにまたどのくらいおきに治療するのかに関しては男女問わず原因に応じて異なります。

 

タイミング法と呼ばれる治療から始めて、状態を確かめながら、治療に取り組んでいきます。

 

あとは、日本においての不妊症の治療というと、高額な費用がかかると言われています。

 

タイミング法であれば大概は保険適用であるため、医療費もさほどかからないでしょうが、体外受精または人工授精などの高度な医療を受けるのであれば請求は膨れ上がります。

 

と言っても、この頃は、不妊治療に関しての出費を全てではありませんが、負担してくれる自治体が増加傾向にあります。

不妊症は婦人科でも相談できる?関連ページ

排卵障害が不妊の原因?