排卵障害が不妊の原因?

11年間不妊で苦しんだ管理人の輝が実際に妊娠したマニュアルを紹介

輝

ご訪問ありがとうございます!管理人の輝です。

世の中にはたくさんの妊娠マニュアルが販売されています。私も3つの妊娠マニュアルをネットで購入しました。

無意味なマニュアルに騙されてはいけません。

11年間不妊で苦しんだ私、その私を妊娠に導いてくれたマニュアルをご紹介したいと思います。


お時間がある方はこちらをクリックしてお読みになってみてください。

排卵障害が不妊の原因?

女性の不妊症というのは、様々な症状に応じて治療が進められます。

 

特に、排卵障害による不妊症で困っている女性は数多くいると見られています。

 

排卵の障害によって起こる不妊症には、高プロラクチン血症、卵巣機能不全のほか、多嚢胞性卵巣症候群といった病状が想定できるでしょう。

 

卵巣機能不全は、年齢が若いのに月経が止まったり、月経の回数が少なかったりする場合が多いようです。

 

多嚢胞性卵巣症候群というのは、卵巣の中の卵胞がしっかりと成長しないまま数を増やしていき、それらがネックレスサインのようになり、排卵が困難となります。

 

そして、無月経や生理不順なども特徴で、軽い場合には自然妊娠することもありますが、深刻な症状の人は高度治療を受けるケースもあります。

 

高プロラクチン血症というのは、妊娠の可能性がないのに母乳が出ていると考えられています。

 

母乳の場合、プロラクチンと呼ばれるホルモンが発生することで完成し、排卵を阻止してしまいます。

 

このような排卵における障害は、血液検査でのホルモン値を診ればはっきりするため、それに応じて不妊症の治療を始めることができます。

 

これ以外には、子宮が正常でないために起こる不妊症もあります。

 

黄体ホルモンが正常でないために起こる黄体機能不全や、子宮の癒着、子宮筋腫に伴う着床障害などがあるのです。

 

その上、卵管の癒着や閉鎖といった状態が病因となり起こる不妊症もあります。

 

稀に、卵管造影による検査を受けたら卵管にあった詰まりが取り除かれ妊娠に繋がった例もあります。

 

個人個人の病態に沿って、不妊症の治療を進める際には、自然妊娠の可能性があるケースから高度の治療を要するケースまで人によって千差万別です。

排卵障害が不妊の原因?関連ページ

婦人科でも相談できる?