排卵誘発剤・ホルモン治療薬

11年間不妊で苦しんだ管理人の輝が実際に妊娠したマニュアルを紹介

輝

ご訪問ありがとうございます!管理人の輝です。

世の中にはたくさんの妊娠マニュアルが販売されています。私も3つの妊娠マニュアルをネットで購入しました。

無意味なマニュアルに騙されてはいけません。

11年間不妊で苦しんだ私、その私を妊娠に導いてくれたマニュアルをご紹介したいと思います。


お時間がある方はこちらをクリックしてお読みになってみてください。

不妊治療の排卵誘発剤・ホルモン治療薬について教えてください

不妊治療を行う上でよく使用されている薬といえば「排卵誘発剤」「ホルモン治療薬」といったものが挙げられます。不妊症には様々な理由がありますが、その中でも「排卵障害」はかなりのウエイトを占めており、この問題を解決すれば不妊症を治癒できるという症例は、かなり多く見受けられます。

 

そういったケースでの不妊治療に使用されるのが、排卵誘発剤です。排卵機能の回復、向上が期待できる薬で、治療の段階だけではなく、検査の段階で使用される事もあります。排卵誘発剤にはいくつか種類があり、初期段階から使用される「クロミフェン」や「シクロフェニル」、やや高度な不妊治療の際に使用する「hMG」や「hCG」といったものが使用されます。

 

また、卵胞ホルモンの不足によって不妊症となるケースもあります。この場合は、ホルモン治療薬が使用されます。主な種類は、「エストロゲン製剤」「プロゲステロン製剤」「ドーパミン作動薬」などです。

 

これらの薬は、有効であると同時に、副作用というリスクがある事も否めません。特に高度な治療に使用する薬には、他の様々な病気に対する治療薬と同じように、その分大きな副作用があります。

 

副作用のリスクがある薬を不妊治療に使用する場合は、医師から副作用に関する説明もしっかりと行われます。強力な副作用に見舞われるような量を使用する事はありませんが、症状には個人差があるので、辛い場合は我慢せず、早めに担当医に知らせる事が大切です。

不妊治療と色々な手法

自分でもできる不妊治療のひとつに、色彩の選択というものがあります。 妊娠する確率を少しでも上げたいならば、日常生活においてリラックスした状況をなるべく多く作る事が必要で、そこに色が大きく関係してくるのです。 色というものは、人間の心を左右する効果を持っています。 「カラーセラピー」と言われるものですね。 たとえば、赤色に囲まれた部屋で生活していると、気分が高揚すると言われています。 青の場合は、クールダウンして逆に落ち着く人が多いようです。 色彩と心の関係は迷信と思われがちですが、実際には既に幾度となく心理療法としての効果に関して科学的な証明が行われている常識なのです。 では、不妊治療の際にはどんな色がおすすめなのでしょう。 結論からいうと、ピンクです。 ピンクには、発情効果があります。 これもしっかりとした研究で証明されている事です。 そのため、不妊治療ではピンク色の物を部屋に多めに置いておく事が推奨されており、不妊治療を専門としている病院の病室には、ピンク色の物が多く置かれているそうです。 ピンク色が良いとされる理由のひとつに、リラックスできる色である、という点も挙げられます。 赤や青、あるいは黒などといった強い色と比べ、ピンクは比較的穏やかな色です。 そのため、リラクゼーション効果も生むと言われています。 ただ、男性がピンク色の物を身につけたり、ピンク一色の部屋で生活したりというのは、ちょっと難しいですね。 そこで、淡いピンクが推奨されています。 淡い色合いであれば、そこまで目立つ事はありません。 しかも、普通のピンクより淡いピンクの方がより効果的と言われています。

不妊治療の排卵誘発剤・ホルモン治療薬について教えてください記事一覧

サプリメントと不妊治療

最近は不妊に悩まされている人は多く、不妊に効果があるというサプリメントや不妊クリニックが注目されています。不妊の原因は実にさまざまです。冷え症の女性が多いことや、排卵障害や生理不順が不妊の原因になっているということもあります。晩婚化も進んでいる現在では、卵子の老化も気になるところです。いろいろな不妊...

≫続きを読む