非配偶者間人工授精

11年間不妊で苦しんだ管理人の輝が実際に妊娠したマニュアルを紹介

輝

ご訪問ありがとうございます!管理人の輝です。

世の中にはたくさんの妊娠マニュアルが販売されています。私も3つの妊娠マニュアルをネットで購入しました。

無意味なマニュアルに騙されてはいけません。

11年間不妊で苦しんだ私、その私を妊娠に導いてくれたマニュアルをご紹介したいと思います。


お時間がある方はこちらをクリックしてお読みになってみてください。

不妊治療の非配偶者間人工授精について教えてください

人工授精と言うと、夫の精子を妻の子宮内に注入すると言ったイメージがあると思います。でも、夫に何らかの不妊の原因があった場合には、夫以外の男性の精子を利用して人工授精を行う方法もあります。

 

これが、「非配偶者間人工授精」で、夫以外の精子を利用する以外は通常の人工授精の流れと全く同じとなります。ただ、夫以外の精子を利用する為、産まれてくる赤ちゃんは夫との血の繋がりがありません。その為、将来トラブルとなる可能性も高く、病院によっては厳しくガイドラインを設定している所もあります。

 

例えば、非配偶者間人工授精適用の条件として、
無精子症の場合
精巣精子回収術を行っても精子が認められなかった場合
微量の精子は認められたが、妊娠出来る可能性が低く主治医の勧めがあった場合
等です。

 

また、倫理や宗教、法的問題と言った様々な事柄も絡んできますので、充分なカウンセリングの時間が必要となります。問題となる利用する夫以外の精子ですが、この取扱いは病院によっても異なるようで、一般的にはボランティアの精子が使われるパターンが多いようです。

 

非配偶者間人工授精は1948年に初めて実施されて以来、これまでに1万人以上もの赤ちゃんがこの非配偶者間人工授精によって誕生したと言われています。けれど現在では、体外受精の「顕微授精」等の技術の進化によって、今まで妊娠出来ないと思われていた精子でも妊娠が可能となってきました。

 

その為、非配偶者間人工授精による妊娠は、絶対的な無精子症の場合にのみ行われているようです。

手術療法

これは不妊治療に限らず多くの病気に対していえる事ですが、外科的な処置には少なからずリスクが生じます。 身体にメスを入れる場合は、特にそうですね。 ですが、外科治療を行う事で劇的な改善が期待できる場合、あるいはそれしか治療方法がないという場合においては、できる限りの安全を確保した上で外科的な治療が行われます。 外科的な治療とは、すなわち手術です。 手術をするという事になると、多くの人が大病と思い込みがちで、手術自体もとても仰々しいものと考えてしまいます。 そのため、不妊治療の際に手術療法を行うという事を医師から伝えられた人の多くは、自分達が抱えている問題を、自分達の中で大きく膨らませてしまいます。 しかし、こうした認識は誤りです。 重病を抱えているケースもまったくないわけではありませんが、不妊治療での手術のほとんどは、リスクの少ない、非常に安全な内容となっているのです。 不妊治療において手術が必要なケースは、身体の部位に何らかの障害がある場合です。 主に子宮、卵巣、卵管、睾丸といった箇所が対象となりますが、特に多いのは卵管です。 卵管に問題がある場合、マイクロスコープと呼ばれる非常に細いスコープを使って手術を行います。 身体への負担はそれほど大きくありませんが、全身麻酔を使用するために日帰りはできません。 手術療法は、不妊に悩む人すべてが受けられるわけではありません。 35歳以上の高齢出産対象者や、体内が手術に合わない造りになっている場合には、手術以外の治療法が優先されます。