不妊治療

11年間不妊で苦しんだ管理人の輝が実際に妊娠したマニュアルを紹介

輝

ご訪問ありがとうございます!管理人の輝です。

世の中にはたくさんの妊娠マニュアルが販売されています。私も3つの妊娠マニュアルをネットで購入しました。

無意味なマニュアルに騙されてはいけません。

11年間不妊で苦しんだ私、その私を妊娠に導いてくれたマニュアルをご紹介したいと思います。


お時間がある方はこちらをクリックしてお読みになってみてください。

不妊治療は健康保険が適用されないの?

不妊治療のほとんどは、健康保険が適用されない方法です。検査の場合は、ある程度保険の適用内となるものもありますが、根本的な治療に関しては、ほぼ健康保険の恩恵は得られないと考えていいでしょう。

 

とはいえ、保険が全く利用できなという事ではありません。民間の保険会社が提供する保険の中には、不妊治療に対しても保険金が支払われるプランもあります。そういった保険に加入している場合は保険金支払いの対象となり、治療費の大半を保険金でカバーできます。

 

では、民間の保険には入っていない状態で不妊症である事が判明したら全額負担が確定するかというとそうではなく、まだ救いの手があります。不妊治療における助成金を利用できるケースがあるのです。

 

不妊治療を行う場合、体外受精、顕微鏡受精は「特定不妊治療助成制度」の対象となります。この助成金は各都道府県の地方自治体によってそれぞれ内容が異なるため、あらかじめ問い合わせをしたり、各地方自治体のホームページ等で確認をしておく必要があるでしょう。

 

体外受精等の助成金は、原則として夫婦所得が650万円以下の夫婦に対し、年間で最大10万円の助成が行われています。体外受精や顕微鏡受精に関しては、民間の女性特約保険もカバーしきれていない場合がほとんどなので、こういった制度は大きな味方となってくれます。

 

ただ、少子化という問題を解決するための手だてとしては、まだ完全とはいえません。不妊治療をどのような扱いにしていくかという事は、国内における大きな課題として今後も継続的に議論が続けられていくでしょう。

不妊症とその治療

結婚する年齢がどんどん上がってきている昨今、晩婚という言葉の定義も徐々に変化してきています。 特に女性の晩婚化は目立ってきており、少し前までは20代で結婚する人が大半を占めていましたが、近年では30代後半や40代になって結婚するという女性が増加してきているのです。 これに伴い、ひとつの大きな社会問題としてクローズアップされてきたのが、妊娠に関するトラブルです。 いわゆる高齢出産ですね。 女性が妊娠するのに適した年齢は、大体20代前半だと言われています。 それより早すぎても、反対に遅すぎても難産となるケースが多く、特に高齢の場合は、生まれてくる子供に何らかの問題が発生してしまう可能性が高くなるのです。 特に大きなターニングポイントとなるのは35歳だと言われており、35歳を過ぎるとさらに出産が難しくなってきます。 そして、35歳を過ぎた女性が抱える出産に関する大きな問題として、とりわけ大きく取り上げられているのが「不妊」です。 35歳を過ぎると、妊娠する可能性が一気に低下してしまいます。 また、近年では35歳以下、さらには妊娠に適した年齢と言われる20代前半の女性の中にも、不妊症に悩む人が急増しているというデータが出ています。 実際、少し前までは、不妊治療を行う女性というと、30?40代がほとんどでした。 しかし今では、不妊治療を受ける20代の女性も非常に多くなってきているのです。 女性であれば、誰もが不安を抱える妊娠、出産。 その最たる問題である不妊について、学んでいきましょう。