人工授精

11年間不妊で苦しんだ管理人の輝が実際に妊娠したマニュアルを紹介

輝

ご訪問ありがとうございます!管理人の輝です。

世の中にはたくさんの妊娠マニュアルが販売されています。私も3つの妊娠マニュアルをネットで購入しました。

無意味なマニュアルに騙されてはいけません。

11年間不妊で苦しんだ私、その私を妊娠に導いてくれたマニュアルをご紹介したいと思います。


お時間がある方はこちらをクリックしてお読みになってみてください。

不妊治療の人工授精について教えてください

不妊治療を始めてもなかなか妊娠出来ない場合や、不妊になんらかの原因が見つかった場合には、人工授精を勧められるケースがあります。けれど、人工授精と言われても、なかなかピンと来るものではありませんよね。それでは、人工授精とは一体どのような不妊の治療法なのでしょう。

 

まず、簡単に説明すると、人工授精とは女性の排卵予測日に、事前に男性から採取していた精液の中から活動が活発な精子だけをより分け、カテーテルを利用して女性の子宮内に直接注入する治療法です。

 

元気な精子を選別して卵子が受精しやすい所に直接注入を行うので、タイミング法よりも妊娠しやすいと言われています。この人工授精は、子宮頚管の中の粘液分泌が正常ではない場合や、男性の精子が少ないか、または無精子の場合にも行われます。

 

その他にも、EDや女性器異常等と言った性交障害の場合に、有効な不妊治療の手段だと考えられています。

 

また、人工授精には次の2種類があり、
・夫の精子を使って行う人工授精・・・AIH(配偶者間人工授精)
・夫が無精子症の場合には夫以外の精子を使って行う人工授精・・・AID(非配偶者間人工授精)
に分けられます。

 

人工授精で妊娠する確率は、4回行って9割以上である事をひとつの目安として考えておくと良いでしょう。もし、この回数以上試してみても妊娠出来なかった場合には、次の不妊治療へ進む事も視野に入れておいて下さい。

人工授精

通常の不妊治療では妊娠が難しい場合、ひとつの選択肢として「人工授精」という方法があります。 人工授精というのは、人工的に体内で受精が行えるような手助けをする治療方法です。 通常、精子は卵管を通り、子宮へと自力で移動します。 しかし、精子に異常がある場合は精子が卵巣まで届かず、卵子との受精ができないという根本的な問題が生じてしまいます。 この場合は、人工的に子宮内へと精子を送りこむ事になります。 具体的な方法は、まず排卵日を調べ、最も妊娠しやすい日を特定するところからはじまり、次に男性の精液を採取して妊娠しやすいよう処理します。 つまり、精子に手を加えるという事ですね。 その後、人工授精用の注入器を使って子宮腔内へと注入を行います。 この時に重要なのは、男性側の精子に異常がない事です。 もしも精子に異常がある場合は、配偶者以外の男性の精子を精子バンク等から提供してもらい、人工授精を行うという選択肢もあります。 尚、配偶者の精子を使う人工授精を「AIH(配偶者間人工授精)」、配偶者以外の精子を使う場合を「AID(非配偶者間人工授精)」と言います。 人工授精のメリットは、他の不妊治療と比較して女性への負担が小さく済むという点です。 また、成功率もまずまずの数字を残しています。 その一方で、保険適用外の治療であるために、高額の医療費がかかるという難点があります。 一度目で失敗した場合、再びチャレンジするとなるとその都度費用がかかるので、経済的にはかなり大変です。

不妊治療の人工授精について教えてください記事一覧

タイミング法に取り組んでも妊娠できない?

タイミング法に取り組んでも妊娠できない人や男性に問題があると見られるときには、人工受精での不妊症治療を選ぶことになります。もし卵管に問題があるというときには、人工受精に励んでも効果がありません。不妊症を治療するのに人工受精を行うのであれば、とりあえず男性は先に精子を採取します。続いて、その採取した精...

≫続きを読む