タイミング法に取り組んでも妊娠できない?

11年間不妊で苦しんだ管理人の輝が実際に妊娠したマニュアルを紹介

輝

ご訪問ありがとうございます!管理人の輝です。

世の中にはたくさんの妊娠マニュアルが販売されています。私も3つの妊娠マニュアルをネットで購入しました。

無意味なマニュアルに騙されてはいけません。

11年間不妊で苦しんだ私、その私を妊娠に導いてくれたマニュアルをご紹介したいと思います。


お時間がある方はこちらをクリックしてお読みになってみてください。

タイミング法に取り組んでも妊娠できない?

タイミング法に取り組んでも妊娠できない人や男性に問題があると見られるときには、人工受精での不妊症治療を選ぶことになります。

 

もし卵管に問題があるというときには、人工受精に励んでも効果がありません。

 

不妊症を治療するのに人工受精を行うのであれば、とりあえず男性は先に精子を採取します。

 

続いて、その採取した精子というのは、遠心分離機を用いて元気のよい精子を選りすぐります。

 

その精子を器具を使用して子宮に入れ、手助けせずに受精を成功させるのが人工受精の考え方なのです。

 

個人差がありますが、体の中に器具を入れることで少しばかり出血してしまうこともあります。

 

女性の場合、排卵障害を持っている人だと、誘発剤の錠剤を服用し排卵日を見計らい人工受精を実施するケースがよくあります。

 

仮に排卵障害とは無縁の女性でも、さらに妊娠する可能性を高くするために排卵誘発剤を使用する医師も稀ではありません。

 

タイミング法の治療と重なりますが、排卵させるために誘発剤を注射すると卵巣は腫れてしまうケースもあり危険度が増すことも考えられます。

 

また排卵のあとは、高体温を持続する目的で、黄体ホルモンの内服薬や注射を用いることもあります。

 

人工受精に関しては、保険が適応にならない不妊症の治療です。

 

個々の病院で変動しますが、万単位ともいえる支払いが欠かせません。

 

また男性が無精子症だったり、ほとんどが奇形で自然妊娠が見込めないのであれば、非配偶者間人工受精といった方法が取られることもあります。

 

非配偶者間人工授精というのは、結婚相手の精子では妊娠する可能性が極めて低い場合、身元を知ることのない他人の精子を用いて人工受精する不妊症の治療です。

 

他人の精子ですから、夫婦間でしっかり話し合い、人工受精を実施するようにしましょう。