妊娠するため

11年間不妊で苦しんだ管理人の輝が実際に妊娠したマニュアルを紹介

輝

ご訪問ありがとうございます!管理人の輝です。

世の中にはたくさんの妊娠マニュアルが販売されています。私も3つの妊娠マニュアルをネットで購入しました。

無意味なマニュアルに騙されてはいけません。

11年間不妊で苦しんだ私、その私を妊娠に導いてくれたマニュアルをご紹介したいと思います。


お時間がある方はこちらをクリックしてお読みになってみてください。

妊娠するためには食生活が大事ですか?

検査に行く前の段階、あるいは検査に行ったけれど具体的な原因がわからなかった場合には、まず生活習慣の乱れを正す事で妊娠する可能性を高める、というアプローチが必要となります。

 

不妊は肉体的な問題ばかりが原因とは限りません。精神的な問題や、ホルモンバランスの問題などが原因となる事も多々あります。それを改善するためには、まず食生活からしっかりと改善しなくてはなりません。

 

妊娠しやすい身体を作るためには、規則正しい食生活が必須です。そのためには、一日3回の食事を毎日きちんと摂る必要があります。その上で、栄養がつく物を積極的に摂取する事を徹底しなくてはなりません。

 

特に女性に多いのが、ダイエットによるホルモンバランスの乱れや自律神経の失調です。ダイエットは決して悪いことではありませんが、度が過ぎると妊娠する上で必要な精神的安定を失います。そうなると、不妊症につながってしまいます。そういう意味もあって、不妊治療の一環として食事療法は成立するといえます。

 

妊娠する上で、ぜひ摂っておきたい栄養素は「葉酸」です。葉酸には、DNAを正常にコピーさせる効果や、細胞分裂を健全に行わせる効果などがあります。既に「葉酸は妊娠する上で重要な栄養素である」という論文も発表されており、不妊治療を行う上では欠かせない栄養素となっているのです。

 

葉酸を含んでいる食品は、大豆製品やレバー、果物、緑黄色野菜などです。サプリメントで摂取しても良いでしょう。女性は一日400ug、男性は200ugの摂取が理想的といわれています。

精子検査

不妊治療の内容は、女性と男性とでは大きな違いがあります。 女性と男性では身体の造りが全く異なるので、当然といえば当然の事ですが、不妊であるかどうかを調べるための検査方法も、全くの別物となっています。 男性の不妊治療の場合、まず行われるのが「精子検査」です。 妊娠は、なんといっても男性の精子が正常である事が第一条件です。 もしここに問題を抱えていれば、女性がいくら正常であっても不妊となってしまいます。 そのため、不妊検査の中でも、最も重要な検査のひとつと言われています。 精子検査は、精子を採取して状態を調べます。 気になる採取方法ですが、基本的には自分で採取する事になります。 病院から専用の滅菌されたケースを受け取り、病院内、もしくは自宅で採取します。 家での採取の場合は、採取後2時間以内に病院を訪れる必要があるようです。 主に調べるのはその「量」です。 採取した精液があまりにも少なすぎる場合は、何かしらの異常があるという診断が下されるようです。 また、「比重」や「濃度」も調査します。 濃度というのは1mm中にいる精子の数で、これが4,000万以上であれば正常と言われています。 逆にそれ以下の場合は「精子減少症」という病気を抱えている可能性があるという事になり、不妊治療が必要となります。 さらに、精子検査では「酸性度」「運動率」「奇形率」といった事も調査します。 通常、精子は弱アルカリ性であり、酸性が高い場合は異常があるとみなされます。

妊娠するためには食生活が大事ですか?記事一覧

漢方薬を飲むと妊娠できる?

病院で不妊症治療を行うと、身体にかかる影響力が大きいでしょう。それに加えて、早く妊娠したいという苦しい環境にあるため、神経がやられてしまうときも多々あるはずです。昨今は、体の内部から変えていく東洋医学が再び脚光を浴びています。しかも、病院での不妊症の治療と東洋医学を併行して行うことで、治療の効果が高...

≫続きを読む

不妊改善のためのサプリメント

不妊に悩む人が多い中、サプリメントで妊娠できるようになりたいという方が多いようです。不妊治療のために病院へ行くことも大切ですが、妊娠しやすい身体づくりのためにサプリメントを摂る人が多いようです。サプリメントで不妊の症状を改善するためのアプローチには幾つかの手段がありますが、まずは冷え体質の改善に重点...

≫続きを読む