妊娠しない

11年間不妊で苦しんだ管理人の輝が実際に妊娠したマニュアルを紹介

輝

ご訪問ありがとうございます!管理人の輝です。

世の中にはたくさんの妊娠マニュアルが販売されています。私も3つの妊娠マニュアルをネットで購入しました。

無意味なマニュアルに騙されてはいけません。

11年間不妊で苦しんだ私、その私を妊娠に導いてくれたマニュアルをご紹介したいと思います。


お時間がある方はこちらをクリックしてお読みになってみてください。

妊娠しない理由や原因

出来ちゃった結婚などという言葉をよく耳にしますが、妊娠という物は簡単なことではなく、排卵から受精、着床という過程があって初めて妊娠に至るのです。排卵日に性交を行っても、妊娠する確率は20%と低い確率なので、簡単なことではないということがわかりますよね。

 

一般的には、妊娠出来ない場合、女性側に問題があると思いがちです。もちろん、女性側に問題があることもあります。でも、男性側に原因があることもありますし、お互いの相性なども妊娠出来ない原因になりうるのです。

 

女性側に原因がある場合としては、卵巣の機能が低下していたりして、正常に排卵されないケースも多いでしょう。また、黄体ホルモンや卵胞ホルモンが正常に分泌されなかったりもすることも原因になります。

 

不妊の原因が卵巣にあるだけでなく、子宮にある場合もあります。女性が子宮内膜症や子宮筋腫などを患っていると、妊娠することが出来ない理由の一つになるのです。

 

一方、男性側に問題がある不妊の原因としては、精子のトラブルが多いでしょう。精子が全く存在しない訳ではないけれども、妊娠に至るまでの精子の数がないような乏精子症や精液の中に全く精子が存在しない無精子症なども実際にあります。

 

このように、男性側にも女性側にも、妊娠出来ないような原因を持ち合わせている可能性があるものです。なかなか妊娠に至らない夫婦であれば、一度病院へ行って検査してみるといいでしょう。

不妊症の原因

長らく、世の女性を悩ませ続けている不妊症を改善すべく、不妊治療を行っている女性は40万人以上にも上ると言われています。 不妊治療を行う場合には、当然ながら不妊となっている原因が重要となってきますが、不妊症の原因は、実はかなり多岐に亘っており、それが改善の難しさにもつながっています。 不妊症が発覚した際、まず確認しておくべき事は、「原因は女性側にあるのか、男性側にあるのか」という点です。 というのも、不妊症は必ずしも女性だけが原因とは限らず、男性側に原因があるケースもかなり多く見受けられるのです。 実際、WHO(世界保健機関)が行った調査によると、不妊症と見られるカップルのうち、女性にのみ原因があるケースは41%、男性にのみ原因があるケースは24%、双方に原因がある確率は24%、という結果が出ています。 つまり、不妊症で悩んでいるカップルの実に半数が、男性側にも原因があるという事になるのです。 では、不妊症における男性側の原因には、どのようなケースが考えられるのでしょうか? まず、最も多いと思われるのが「精子に関するトラブル」です。 男性の中には、体内で精子を生み出す事ができない、あるいは極めて少ない精子しか生み出せないという人がいます。 これらは、「造精障害」「精路通過障害」「副性器障害」等といわれるものです。 こういった場合には、いくら性行為を繰り返しても女性が妊娠する可能性は極めて低いといえます。 また、他にも疲労やストレス、糖尿病などが原因でインポテンツになってしまうケースもあり、これも不妊の原因のひとつとなります。

妊娠しない理由や原因記事一覧

太っている(肥満)だと不妊になる?

不妊症治療は身体的な負担が数々とあるため、自分の体を妊娠しやすい体にするために、体質を改善させるのも良いと言えます。不妊症というのは、冷え性の人に多く、卵巣や子宮までも冷やされているので能力が十分に発揮されていないと想定されています。したがって、専門の病院に行って不妊症の治療を行っているのに、成果が...

≫続きを読む