太っている(肥満)だと不妊になる?

11年間不妊で苦しんだ管理人の輝が実際に妊娠したマニュアルを紹介

輝

ご訪問ありがとうございます!管理人の輝です。

世の中にはたくさんの妊娠マニュアルが販売されています。私も3つの妊娠マニュアルをネットで購入しました。

無意味なマニュアルに騙されてはいけません。

11年間不妊で苦しんだ私、その私を妊娠に導いてくれたマニュアルをご紹介したいと思います。


お時間がある方はこちらをクリックしてお読みになってみてください。

太っている(肥満)だと不妊になる?

不妊症治療は身体的な負担が数々とあるため、自分の体を妊娠しやすい体にするために、体質を改善させるのも良いと言えます。

 

不妊症というのは、冷え性の人に多く、卵巣や子宮までも冷やされているので能力が十分に発揮されていないと想定されています。

 

したがって、専門の病院に行って不妊症の治療を行っているのに、成果が上がらない可能性もあるのです。

 

極力体が冷えないように気を配り、とりわけ下半身を温かくすることをお勧めします。

 

半身浴や岩盤浴、そしてよもぎ蒸しというものは、体をじわじわと温めてくれるためとても有効な手段だと言えます。

 

冬は一段と身体が冷えてしまうので、腹巻やカイロを使ったりすると良いでしょう。

 

それから、甘いお菓子に目がなかったり肥満体型の場合、ホルモンバランスに悪影響を及ぼすため、排卵障害となる可能性が高いです。
ということで、体に余分な脂肪をつけさせないことも不妊症の治療には効果的です。

 

糖分の摂り過ぎをやめて、野菜やお肉などバランスの取れた適度な量の食事にして、軽い運動を毎日行うようにすることで、体調が良くなり妊娠する確率がアップします。

 

なお、いつでも妊娠できるように、妊娠直後に絶対的に必要と言われている葉酸を摂り入れるようにします。

 

男性の場合、亜鉛を多く摂るよう心掛けることで、良質な精子を生成することが可能となります。

 

この他に、過度のストレスや睡眠があまりとれていない状態も不妊症には影響を及ぼします。

 

中でも不妊症の治療では、心身ともにストレスを抱えがちとなります。

 

中でもホルモン剤は人によって差はあるのですが、激しい副作用に見舞われる可能性があるので、プレッシャーになってしまうと治療も予定通りにはかどりません。

 

ですから、趣味に興じたりくつろげる時間を作ったりして、ストレスを溜めないよう留意しましょう。