ストレス不妊

11年間不妊で苦しんだ管理人の輝が実際に妊娠したマニュアルを紹介

輝

ご訪問ありがとうございます!管理人の輝です。

世の中にはたくさんの妊娠マニュアルが販売されています。私も3つの妊娠マニュアルをネットで購入しました。

無意味なマニュアルに騙されてはいけません。

11年間不妊で苦しんだ私、その私を妊娠に導いてくれたマニュアルをご紹介したいと思います。


お時間がある方はこちらをクリックしてお読みになってみてください。

ストレスは不妊の原因になるの?

不妊症の原因には様々なものがあるのですが、その一つにストレスがあることをご存じでしょうか?ストレスがなぜ不妊の原因になるかというと、ストレスによって引き起こされるホルモンバランスの乱れが問題なのです。ホルモンバランスは、生殖器官に大きな影響を与えます。

 

ストレスによって、ホルモンバランスが崩れ、生理の周期が乱れたり、排卵機能に異常をきたしたりします。疲れすぎていたり、ストレスがたまっていたりすると、生理が遅れたりすることって、割とよくありますよね。過度のストレスは、妊娠する上で良くありません。

 

これは女性だけでなく、男性側の不妊の原因としても挙げられます。男性側の不妊の原因の一つである乏精子症は、ストレスもその起因となると言われています。このように、ストレスと不妊症は密接な関係があるのです。なので、子供を希望する人は、過度のストレスを抱えすぎないことが大切です。

 

過度にストレスを感じる場合は、可能な限り、そのストレスから遠ざかるようにしましょう。それと、定期的にストレスを発散して、ストレスを溜め込まない工夫が必要です。不妊治療自体がストレスになり、悪循環になってしまうという話もよく聞きます。

 

不妊治療はかなりの精神的負担を抱えてしまうものですが、自分にとって有効なストレス発散の方法をなるべく早くみつけて、極力ストレスを溜めないようにしてください。ストレスを抱え込むと、体内の免疫力も弱くなり、体調を崩しやすくなります。

 

妊娠するためにも、気分転換できる方法をみつける、ストレスの原因をできる限り取り除くなどの工夫が必要不可欠でしょう。

頸管粘液検査

不妊検査には、数多くの方法が用意されています。 その中の代表的なものに、「頸管粘液検査」という検査があります。 頸管粘液検査は女性に行う不妊検査で、排卵時期を探るためのものです。 よって、不妊治療の一環として行うだけではなく、単純に排卵日を知りたいという人のために行うケースもあり、それほど仰々しい検査ではありません。 検査は頸管粘液を採取して行いますが、痛みもないので、不安に思ったり身構える必要はありません。 頸管粘液検査の「頸管粘液」というのは、排卵日に近付くと分泌される透明な粘液のことです。 粘液の分泌場所である頸管は、子宮の出口にある器官で、膣と子宮をつなぐ部位でもあります。 頸管粘液には、精子の移動をスムーズにしたり、精子を受け入れやすくする役割があり、排卵日には自然と分泌されるようになっています。 従って、この頸管粘液を検査する事で、排卵日の大体の器官がわかる他、妊娠しにくい身体かどうかもある程度わかります。 頸管粘液には、精子との相性のようなものがあり、この相性が悪い場合は、不妊の原因にもなり得ます。 そのため、不妊治療の際の検査としても有用なのです。 しかし、頸管粘液検査は気軽に行える検査である反面、他の様々な排卵時期の調査のための検査と比較すると、精度の面で劣るというデメリットもあります。 とはいえ、ある程度の排卵日の期間を知る上では有効なので、手始めに行う検査としては十分に価値があるといえるでしょう。