体外受精

11年間不妊で苦しんだ管理人の輝が実際に妊娠したマニュアルを紹介

輝

ご訪問ありがとうございます!管理人の輝です。

世の中にはたくさんの妊娠マニュアルが販売されています。私も3つの妊娠マニュアルをネットで購入しました。

無意味なマニュアルに騙されてはいけません。

11年間不妊で苦しんだ私、その私を妊娠に導いてくれたマニュアルをご紹介したいと思います。


お時間がある方はこちらをクリックしてお読みになってみてください。

不妊治療の体外受精について教えてください

「試験管ベイビー」と言った言葉を聞いた事がありますか?1978年、イギリスにて、世界で最初の体外受精による赤ちゃんが誕生しました。それ以来、世界各国で体外受精の研究が進められ、技術も急速に発展して現在に至っています。それでは、この体外受精とは、一体どのような不妊治療なのでしょうか?

 

試験管ベイビーと言う言葉からも連想出来るように、体外受精とは女性の身体の外で卵子と精子を受精させる方法です。まず、予め男性の精子を採取しておき、次に女性の卵巣から卵子を採取します。

 

そして、体外にて男性の精子と女性の卵子を受精させて、数日間にわたって培養し、上手く細胞分裂が始まって4分割卵以上になったら女性の子宮内に戻すのです。

 

体外受精が選択されるケースとしては、
女性の両方の卵管が閉塞している
免疫系に異常がある
子宮内膜症があり、妊娠出来ない
女性の年齢が高齢で妊娠の可能性が少ない
等と言った場合に行われるようです。

 

また、人工授精を何度行っても妊娠しない場合には、体外受精が勧められるケースがあります。体外受精の場合、実際に妊娠出来る可能性は2割から4割と、体外受精を行う病院によっても確率にかなりの違いが出てきます。

 

また、コストの問題もあり、大学病院等では10万円台で、他の費用が高い病院では70万円台と言った所もあるようです。このように、体外受精についてはこれからもクリアしなければならない問題もありますが、赤ちゃんが出来ない方にとっては有効な手段のひとつだと言えるでしょう。

体外受精・顕微鏡受精

人工授精は、いわば「男性に問題がある場合の不妊治療」の一環といえます。 それに対し、女性の子宮等にも問題がある場合は「体外受精」を行う事になります。 体外受精は体内に精子を注入する人工授精とは異なり、身体の外での受精を人工的に行うという不妊治療です。 体外受精は、まず卵子の生成から行います。 卵巣内で体外受精に必要とされる卵子を育てる事になるのですが、場合によってはホルモン剤の投与、排卵誘発剤の使用など、薬によってのアシストも行います。 そうする事で誕生した受精可能な卵子を、専用の器具で吸引採取します。 次は精子の採取です。 基本的には人工授精と同じで、受精に問題がある場合は、洗浄、処理を行います。 また、受精の可能性が上がるように濃縮培養も行います。 そしていよいよ受精ですが、受精させる場所は特製のケースの内部です。 基本的には、卵子の入った特製ケースに精子を加えるだけで、それ以外には特に何もしません。 精子を加えた後、大体1?2日で受精が行われると言われています。 受精が確認されたら、そのまま細胞分裂が進行するまでそこで培養します。 その後、ある程度育った受精卵を子宮内へと戻し、着床させて妊娠へと導く事になります。 この体外受精と同様の方法で、顕微鏡下で受精させる「顕微鏡受精」という手法もあります。 受精がよりしやすいようにより細かい処理を行うことで、より妊娠の可能性が向上するため、体外受精でもダメだったという場合に選択する不妊治療となっています。

不妊治療の体外受精について教えてください記事一覧

排卵誘発剤の副作用は?

人工受精に再三トライしても成果が上がらない場合は、高度治療に進むことになるでしょう。女の人が40代だったり、繰り返し流産をしていたり、卵管の詰りが確認できているとなれば、タイミング法などの治療は行わずに、真っ先に体外受精に進むことになります。しかも、男性が無精子症もしくはそれに近いくらい少量しか精子...

≫続きを読む