排卵誘発剤の副作用は?

11年間不妊で苦しんだ管理人の輝が実際に妊娠したマニュアルを紹介

輝

ご訪問ありがとうございます!管理人の輝です。

世の中にはたくさんの妊娠マニュアルが販売されています。私も3つの妊娠マニュアルをネットで購入しました。

無意味なマニュアルに騙されてはいけません。

11年間不妊で苦しんだ私、その私を妊娠に導いてくれたマニュアルをご紹介したいと思います。


お時間がある方はこちらをクリックしてお読みになってみてください。

排卵誘発剤の副作用は?

人工受精に再三トライしても成果が上がらない場合は、高度治療に進むことになるでしょう。

 

女の人が40代だったり、繰り返し流産をしていたり、卵管の詰りが確認できているとなれば、タイミング法などの治療は行わずに、真っ先に体外受精に進むことになります。

 

しかも、男性が無精子症もしくはそれに近いくらい少量しか精子がないのであれば、ひときわ難しい顕微受精に取り組むケースが少なくありません。

 

体外受精というのは、あらかじめ採っておいた精子と卵子を体の外側で作為的に受精するよう働きかけ、受精卵として誕生した胚を子宮に返すという不妊症治療になります。

 

こういった不妊症治療をやるならば、たとえ正常な排卵ができている女性に対しても排卵誘発剤を投与し排卵周期を明らかにし、排卵間際に卵子を採取するというやり方をする病院が多いです。

 

なぜかというと、優良な卵子を大量に生産することにより受精卵を再び子宮に戻しやすくするためだとされています。

 

だけど、卵子を数多く生産することにより卵巣が腫れ上がったり、排卵誘発剤の副作用が元で体調を崩してしまうなどのデメリットもあります。

 

卵子を採るのは、不妊症の治療において体への影響が最も多い治療法の一つに挙げられ、卵子を採る時に局部麻酔を併用する医師も大勢います。

 

卵子を取り出した後は病院の中で休憩をとってから帰るようにして、二週間経過したら妊娠することができたのかが判明します。

 

顕微受精というのは、受精させるときを除いては体外受精と手順は一様の治療法です。

 

体外受精では精子自らの力を用いて受精するのですが、顕微授精はというと卵子に対して専用器具を用いて、採取した精子を入れて受精させていきます。

 

こういった不妊症の治療というものは、それぞれの病院ごとに治療費が違ってきますが、保険が適用にならないため、最低でも数十万円といった支払いが発生します。

 

それぞれの市区町村によっても変わってきますが、高度な不妊治療を行うケースでは助成制度があるかもしれませんので、治療前に明確にしておくと安心です。