不妊症治療のタイミング法とは?

11年間不妊で苦しんだ管理人の輝が実際に妊娠したマニュアルを紹介

輝

ご訪問ありがとうございます!管理人の輝です。

世の中にはたくさんの妊娠マニュアルが販売されています。私も3つの妊娠マニュアルをネットで購入しました。

無意味なマニュアルに騙されてはいけません。

11年間不妊で苦しんだ私、その私を妊娠に導いてくれたマニュアルをご紹介したいと思います。


お時間がある方はこちらをクリックしてお読みになってみてください。

不妊症治療のタイミング法とは?

不妊症を治療する第一歩として行われるのがタイミング法と知られているものになります。

 

ただし、不妊症の度合いによっては、タイミング法は実施せずに高度治療を開始するケースもあります。

 

タイミング法と呼ばれるのは、検査によって細胞の具合や排卵日を把握し、タイミングの指示をもらう不妊症の治療法です。

 

それぞれ人によって違いますが、何らかの排卵障害があるときは、内服薬の排卵誘発剤が使用され、卵子の育成を助けるパターンが珍しくありません。

 

とはいえ経口薬を飲み続けてしまうと、着床の時に必須となる粘膜が不足してしまうといったような欠点も発生してしまうのです。

 

また不妊症が重いと、経口薬の誘発剤の治療だけでは、卵胞の成長が促進されないことがあります。

 

そういう場合は、HMG-HCGと名付けられている注射を使って不妊症の治療を行います。

 

腕や肩の部分の皮下脂肪に注射器を射して薬を投与し、細胞を成長させます。

 

こうした卵胞の成長を促進させる注射のホルモン剤というのは、出ている症状次第で注入量は変動するでしょう。

 

通常は毎日、または二日に一回のペースで、注射を受けに病院を訪れなければいけません。

 

加えて、常に卵胞の成長を調べながら、問題ないサイズまで完成されたら排卵誘発剤を注射します。

 

しかし排卵誘発剤の注射は、薬剤が多量となると卵巣が膨れるという重大な副作用を伴います。

 

卵巣が肥大化すると腹水が蓄積され、重症のときは入院の必要が出てくることも考えられるので、医師は大変な注意を払い注射をすることになるでしょう。

 

また、タイミング法による不妊症の治療においては、ほとんどが保険適応になり、請求額はそれほど大きくはならないでしょう。